診療科目/予防・健康診断

歯周病治療

ワンちゃんのお口のトラブルで最も多いのが、歯周病です。

「うちの子の歯が黒いです」
「口が臭いです」
「口をくちゃくちゃするんです」
「硬いものを噛まなくなりました」

あなたの子は大丈夫ですか?
上記の症状に当てはまる歯磨きをしていないワンちゃんは、だいたい歯周病です。
中には虫歯や破折(歯が折れること)の子もいますが、歯科でかかる9割以上は歯周病の子たちです。

<当院での歯周病治療のモットー>

・抜かずに済むなら抜かない!
・しかし飼い主様のお手入れのレベルによってはワンちゃん優先で考える(希望が温存であっても抜歯をお勧めする場合もある)
・定期検診を促し、無麻酔の治療で維持させていく

「検査なしに抜歯が必要と言われた」「治療しておしまいではなく定期的にメンテナンスしてほしい」「歯科と一緒に体のことも相談したい」
…という方はぜひ一度ご相談ください。

<初めての方は…>

初めての患者様にはまず詳しい問診からさせていただき、ふだんのご様子や既往歴、歯磨きのレベルなどについてお伺いします。
続いて身体検査・お口のチェックをし、場合によりレントゲン検査を行います。

基本的に初回治療は麻酔をお勧めしてしておりますが、他に鎮静薬を用いての治療や無麻酔での治療もございます。

・ レントゲン上の異常がみられない
・ 麻酔はかけるつもりはない
・ 何らかの病気で麻酔をかけられる状態にない

などご希望・体の状態により初回から無麻酔治療を行うこともあります。

通常、初診日にそのまま麻酔治療を行うことはありません。麻酔や鎮静剤を使用する場合は別日での処置となりますので、診察後に手術のご予約をお取りいただきます。